物忘れを予防する秘訣

サプリメント

脳と体はつながっている

加齢とともに記憶力が落ちていくのは、ある意味では当たり前のことです。しかし例えば「昨日の晩ご飯のメニュー」を忘れるのは自然な忘れ方ですが、「昨日の晩ご飯を食べたかどうか」を忘れるのは、認知症の忘れ方ですので注意が必要です。大事なのは予防です。そのためには記憶力アップのための取り組みを、なるべく早い時期から行なっておくことが重要です。例えば、意識的に外に出るだけでも効果が期待できます。外に出るには季節に応じた服装を考えたり、目的地までの道のりを考えたり、到着時間を逆算したりと、実は脳をたくさん使う行為なのです。また、人に会い会話をすることも大いに脳トレになります。例えば、昔からの友人に会い思い出話をすると、脳にしまわれていた「エピソード記憶」が刺激されます。この記憶は「長期記憶」(パソコンでいうハードディスクの役割を果たす記憶)とも関連しますので、非常に効果的です。また、体を動かすことも記憶力アップには効果的です。無意識に体を動かしているようでも、実はすべて脳が命令しているわけですから、運動などをすると必然的に脳が鍛えられ、記憶力アップの効果が期待できます。そして、睡眠も記憶力アップに大きく関係しています。脳を休ませる方法として睡眠が最も効果的だと言われます。寝不足にならないのはもちろんのこと、質の高い睡眠に心がけることが、ひいては記憶力アップにも影響していきます。このように、脳トレを意識した生活を送ることで、記憶力アップを進めていくことができるのです。

Copyright© 2018 足パカダイエットで下半身を綺麗にしよう【女性らしい美脚を目指す】 All Rights Reserved.